Loading…

おすすめおつまみ / 生チョコヌガー

Posted by tsurukame1122 on 06.2017 おすすめおつまみ   0 comments   0 trackback
 季節がらか新入社員っぽい方をよく見ますね。
 私もその昔、ワクワクとドキドキで
 新しいスーツを身にまとい出社したことを思い出します。
 あれから20年超、最近ワクワクもドキドキもないな・・・
 アグレッシブに頑張ります!

 さて、おすすめおつまみのご紹介です。
 「生チョコヌガー」
 生チョコヌガー

 その昔は、季節の野菜とかをつかって季節のおつまみを作っていたのですが
 BAR鶴亀まだむのチョコレートを使ったおつまみが大人気で
 ここ数年は、おすすめおつまみと言えば、
 おすすめチョコおつまみになってます。
 ヌガーというのはフランスのお菓子で、
 砂糖や水あめのなかにナッツやドライフルーツを混ぜたもので
 濃厚な味わいです。
 それを生チョコと合わせてよりウイスキーに合うおつまみに仕上げました。
 一粒でウイスキー3杯飲めます!
 ぜひ皆様も合わせてみてください!
 これからもBAR鶴亀をよろしくお願いします。

 Facebookもやってます!「いいね!」よろしくお願いします!
 BAR鶴亀Facebookページ
 

Malt of the Month 「グレンモーレンジィ18年」

Posted by tsurukame1122 on 01.2017 Malt of the Months   0 comments   0 trackback
 今日から4月、新年度ですね
 とは言え東京は冬のような寒さ
 桜もまだ三分咲き程度でお花見は来週がピークのようです
 そういえば最近はお花見を目的とした訪日観光客が多いとのこと
 パブリックエリアでの飲酒を禁ずる国が多い中
 桜の木を囲んでお酒を飲む「HANAMI」の文化は日本ならではですよね
 今年も春を満喫しましょう!

 さて今月の「Malt of the Month」のご案内です。
 「グレンモーレンジィ18年」 
 GM18

 昨年一度「Malt of the Month」でご紹介した「グレンモーレンジィ18年」
 好評につき再度ご案内します!
 バーボン樽原酒にシェリー樽原酒を絶妙にブレンドした長期熟成シングルモルト
 このバランスの良さはまさに「EXTREMELY RARE」と言えるでしょう

 いつもは1500円のところ今月1200円です!
 皆様も是非お試しください!

 これからもBAR鶴亀をよろしくお願いします。

 Facebookもやってます!「いいね!」よろしくお願いします!
 BAR鶴亀Facebookページ
 

グレンフィディック21年 ラムカスクフィニッシュ

Posted by tsurukame1122 on 28.2017 スペイサイド   0 comments   0 trackback
 先日お客さんと「10年後どうなってるんだ?」的な話になりました。
 ま、なんか堅そうな話ですけど、
 目先のことばかり頑張ってても
 世の中の変化と相対すると段々遅れてしまうもので
 今後どうなるのかを予想しつつそれに対する行動もしないといけないなと。
 革新的な、斬新的な、さてさて、これから10年BARも変化していくんでしょうね。
 とりあえず、10年後には余市と宮城峡のマイウイスキーが出来上がります!

 さてさて、シンガポールでこんなの買ってきました第二弾
 「グレンフィディック21年 ラムカスクフィニッシュ」
 GFiddich21

 人気があったのか何なのか、棚には置いてなくて
 奥から持ってきてもらいました。
 このオレンジ色のボトルにくぎ付けになりまして
 ダメもとで 「試飲できますか?」と聞くと、
 「できるわけないでしょ!」と心の中で言っている表情とともに
 「NO」の一言で断られました。
 でもね、私の経験上ラムカスクってうまいんですよ。
 ということで買いました。
 日本に戻って飲んでみましたが、
 期待通り美味しいですね。
 ラムっぽい甘い香りが前面に出てるかと思ったら
 もっと上品な麦芽糖やマーマレードのようなほんのり酸味を感じる香りで
 樽に影響されすぎないモルトの力強さを感じます。
 皆様も是非!

 これからもBAR鶴亀をよろしくお願いします。

 Facebookもやってます!「いいね!」よろしくお願いします!
 BAR鶴亀Facebookページ
 

グレングラント18年レアエディション

Posted by tsurukame1122 on 22.2017 スペイサイド   0 comments   0 trackback
 早速ですが先日シンガポールで買ってきたシングルモルトのご案内です。

 グレングラント18年レアエディション
 glengrant18

 グレングラントはイタリアではナンバーワンのシェアを誇り
 オーナーはイタリアカンパリ社
 こちらは2016年にリリースされた日本未発売のグレングラント
 グレングラント16年の後継商品ということで期待が持てます

 特筆すべきは「WHISKY BIBLE」の著者でウイスキー評論家ジムマーレイ氏が選ぶ
 「World Whisky of the Year - 2017」にて
 世界のウイスキー第二位に選ばれたということです

 これが「WHISKY BIBLE 2017」
 表紙の人がマーレイ氏
 whiskybible

 グレングラント18年レアエディションは世界のウイスキー堂々第二位
 whiskybible2

 味わいはフルーティでモルティそしてクリア
 長く続く余韻に熟成感を垣間見ます
 正統派スペイサイドモルトというところでしょうか
 美味しいですよ。

 これからもBAR鶴亀をよろしくお願いします。

 Facebookもやってます!「いいね!」よろしくお願いします!
 BAR鶴亀Facebookページ
 

シンガポールに行ってきました

Posted by tsurukame1122 on 21.2017 研修   0 comments   0 trackback
 シンガポールに行って来ました。
 大きく目的は2つ
 世界最大と言われるチャンギ空港のウイスキー免税店で限定物を入荷すること。
 そして、最近増えて来たシンガポールのウイスキーバーの視察。
 それ以外の時間はゆっくりお休みさせていただきます。

 行ったバーの中で特に気になった店をご紹介します。 
 ■クエイクバー サウスアベニュー
 内装や見た目はカジュアル。
 ボトルの数は1000本程度。
 内装_クエイク

 ボトラーズはダンカンテイラー、シングルモルトはキャンベルタウンのものが充実していた。
 価格帯はシンガポールの物価のせいか若干高め。うちの2倍ぐらいするかな。
 山崎18年98SGD、12年48SGD。山崎18年が1000SGDぐらいするらしい。ちょっと高いね。
 メニューの見開きには、熟成樽違いの飲み比べや、エイジング違いの飲み比べなど
 コンセプトで選んだ数種類のモルトのテイスティングセットがあった。
 シェリー樽熟成マッカラン、ドロナック、グレンファークラス飲み比べとか、
 アイラ島飲み比べとか。それと合うおつまみを少量とかも面白いかもね。
 飲んだウイスキー
 インチマリン マディラフィニッシュ
 ベンリアック バーボンカスク
 スプリングバンク バローロカスク
 キルケラン カルバドスカスク
 の4種のテイスティングセットを注文
 テイスティングセット_クエイク 
 セットで生ハムがついてきた。
 少しおなかもすいていたので、おつまみ盛り合わせ的なのを注文した。
 フードは、隣のレストランから運ばれてきて、別会計だった。
 そんな風に他店と提携もいいかもしれない。
 気になった南アフリカのウイスキーを飲んで終了。
 なんかスコッチとは違う磯の香りがする今までにない風味のウイスキーだった。
 南アフリカのウイスキー_クエイク
 店内は禁煙。外だと屋根があるところだと喫煙していいことになってるらしい。

 ■オールドアライアンス
 品揃え、内装、言うことなし。
 軽井沢だけで50種類ぐらい以上置いていた。
 店というよりマニア向けウイスキーギルド的な雰囲気さえある。
 店内_Auld_003
 店内_Auld_002

 こんなところに行くとついついいいの飲んじゃうのよね。
 以下のウイスキーを注文
 72年のロングモーン(スリーリバース)
 LongMorn72_Auld.jpg
 ボウモアのミズナラ樽フィニッシュ(オフィシャル)
 BowmoreMizunar_Auld
 1970年グレンロセス(ウイスキーエージンシー)
 GlenRothes72_Auld.jpg
 ラガブーリン23年(シルバーシール)
 Lagavulin26_Auld.jpg
 キニンヴィ23年(オフィシャル)
 Kininvie26_Auld.jpg
 ラフロイグ16年(シルバーシール)
 Laphroaig26_Auld.jpg

 隣のウイスキー好きの方が2杯奢ってくれた。
 何も言わずにこれを飲めと
 グレンタレット36年(シルバーシール、この店のためにボトリングされたもの)
 Glenturret_Auld.jpg

 ロングモーン1972年(写真失念)
 多分シンガポールの金持ちなのだろう、ボトルで何本か持ち帰っていた。
 高いお酒をごちそうさまでした。

 ここでも4種類ほどのテイスティングセットがあった。
 うちだとそんなふうに飲み比べして飲む人少ないですよね。
 やるなら別のモルト専門店でやったほうがいいかも。
 参考になった点:高いウイスキーをそろえるならそれなりの店構えが必要

 帰りに空港の免税店でウイスキーを購入。
 世界最大のウイスキー免税店とのことで今回2回目の訪問である。
 最近ネットで幅広くウイスキーが売ってるのでどれが限定品なのかの品定めが難しい。
 その中で2本購入。
 その内容は後日お知らせします。
 WhiskyShop_Changi_001.jpg

 ここ数年でシンガポールにウイスキーバーが増えて来ているらしい。
 ウイスキー愛好家の人口も増えて、バーの形も変化してるのかもしれませんね。
 お客さんの思考も変われば、流通するウイスキーも変わる。
 その中でも、何十年も前に作られたウイスキーが
 何十年先の今たくさんの方々がそれを楽しんでいる。
 それってすごく面白いことですよね。
 変わっていくものと変わらずにいること。
 その中で店がどうしたいのかという核は
 根本的にしっかり持っておくことは大事ですね。
 これからも頑張ります!
 これからもBAR鶴亀をよろしくお願いします。

 Facebookもやってます!「いいね!」よろしくお願いします!
 BAR鶴亀Facebookページ
 
  

プロフィール

tsurukame1122

Author:tsurukame1122
ウイスキーをメインに扱う人形町のバーです。常時250種類以上のウイスキーをご用意しております。テーブルチャージ・サービス料等一切いただいておりませんので、お飲み物1杯からでもお気軽にお立ち寄りください!

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR