FC2ブログ
Loading…

スコットランド研修 その7 ジュラ蒸溜所

Posted by tsurukame1122 on 24.2019 研修   0 comments   0 trackback
旅も終盤、だいぶ疲れも溜まってきてます。
こんな時に体調崩したりするので気を付けましょう。

さて今日は、お隣のジュラ島に渡っててジュラ蒸溜所、
アイラ島に戻ってきた足でブナハーブン蒸溜所
そして、今年で来たばかりのアードナッホ蒸溜所と3つ見学させていただきます。
maptoJural.png
1日タクシーをハイヤーして220ポンド。タイムイズマネー。
taxi_jura.jpg
まずは、ジュラ蒸溜所に行きます。
ホテルに迎えに来てもらってそのままポートアスケイグと言う
アイラ島北東にあるフェリー乗り場まで移動。
アイラ島の島民はみんな友達なのか
ドライバーの顔パスでフェリー代がタダになった。
ジュラ島は200人程度しか住んでいないせいか
フェリーは車が3台も載れば満席なほどの小さなものだった。
フェリーと言うより渡し舟のような小ささです。
ferrytoJura.jpg
ジュラ島まではフェリーで5分程度。
ジュラ島は、人口が200人なのに鹿が5000頭もいるって話だったが
見渡す限り、鹿もいなければ建物もなかった。
jura01.jpg
jura03.jpg
そんな中に超高級ゴルフコースがあるそうで、
大富豪がヘリコプターでゴルフをしに来るらしい。
なんとも不思議な島である。
車で走ること20分ぐらいジュラ蒸溜所に到着。
jura02.jpg
殆ど車さえもすれ違わなかったのに蒸溜所には20人ぐらい先客がいる。
jura05.jpg
どこから来たのか?隣がジュラホテルだからジュラ島に1泊しているのか?
それともゴルフをしに来た大富豪だろうか?
アメリカのテレビ番組のLOSTを思わせるような
蒸溜所以外何もない不思議な島である。
jura04.jpg
jura06.jpg
ジュラのウイスキーは日本ではあまり知られていないが
口当たりが優しく飲みやすいウイスキーで
アイラ島の隣にあるが味わいは全くスモーキーではなく
(1年のうち1か月はピーティなウイスキーを作っていますが)
ウイスキー好きには人気のウイスキーである。

大きな蒸留器が4つ。
potstill_jura.jpg
1つあたり25,000リットル前後の容量なのでかなり大きなサイズです。
特徴的なのは、ポットスチルのくびれ。
このポットスチルの形が出来上がりのウイスキーの味わいに影響します。
酒質が重い重厚なものはくびれに引っ掛かり蒸溜しにくいため
結果、酒質が軽いクリアな出来上がりになると言われています。
ジュラの口当たりから考えるとなんとなく予想できるポットスチルの形状ですよね。
そんな風にポットスチルの形を見るのも楽しいです。

蒸溜所の前にあるジュラホテルで軽く休憩したいところですが、
時間もないので次に向かいます。
それではまた。

Facebookもやってます!「いいね!」よろしくお願いします!
BAR鶴亀Facebookページ
スポンサーサイト




  • password
  • 管理者にだけ表示を許可する

trackbackURL:http://joyluck.blog134.fc2.com/tb.php/780-a23ceb6e

プロフィール

tsurukame1122

Author:tsurukame1122
ウイスキーをメインに扱う人形町のバーです。常時250種類以上のウイスキーをご用意しております。テーブルチャージ・サービス料等一切いただいておりませんので、お飲み物1杯からでもお気軽にお立ち寄りください!

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR