FC2ブログ
Loading…

2種類の個性的なシングルモルトを紹介します!

Posted by tsurukame1122 on 10.2018 商品紹介   0 comments   0 trackback
今日は10月10日ですね。
昔の体育の日で、1964年の東京五輪の開会式の日ですよね。
いつの間にか体育の日はハッピーマンデーで月曜日になりました。
いつの間にかと言えば、夏季五輪はいつから真夏になったのでしょう。
早いものでもう10月、早いもので再来年東京五輪。
2020東京五輪の年がBAR鶴亀10周年です!

さて、本日は新入荷ウイスキーを2つご紹介します。
「クーパーズチョイス / グレンロッシー1997年」
「クーパーズチョイス / マクダフ2003年」
GlenlossieAndMacduff.jpg

左はスペイサイドに位置するグレンロッシー蒸溜所で作られたシングルモルト
ブレンド用原酒として用いられることが多いため
シングルモルトとして流通することは稀な銘柄。
こちらはバーボン樽で17年間熟成され
トフィーやハニートーストのようなバニラ香が特徴。

右は北ハイランドに位置するマクダフ蒸溜所で作られたシングルモルト
オフィシャルボトルはデュベロンと言う名称で出ていますが
ボトラーから出る場合はマクダフと呼ばれます。
こちらはシェリー樽で13年間熟成され
ドライフルーツやカラメルのようなコクのある甘味が特徴。

どちらもザ・ヴィンテージ・モルト・ウイスキー社の人気シリーズ
「クーパーズチョイス」からのリリースで
シングルカスクでボトリングされています。

よく聞くシングルモルトとは
原料はモルトのみで一つの蒸溜所から作られたウイスキーという意味で
同じ蒸溜所内で蒸溜、熟成された樽を幾つかブレンドしています。
シングルカスクとは文字通り、一つの樽のみで熟成されたウイスキーと言う意味で
シングルカスクは、シングルモルトの中のさらに限定されたウイスキーです。
なので樽の特徴がよく出ていて
樽の種類によるウイスキーに与える影響を感じることが出来ます。
熟成が長いと色が濃いと思われがちですが、
(長ければ長いほど色濃くなるのは間違いありませんが)
二つを見てわかる通り熟成が短いマクダフのほうが色が濃く(琥珀色)
熟成が長いグレンロッシーはマクダフより色が薄い(黄金色)ですね。

バーボン樽とシェリー樽の違いを感じられると思います。
みなさんも是非、飲み比べてみてください!

Facebookもやってます!「いいね!」よろしくお願いします!
BAR鶴亀Facebookページ
スポンサーサイト




  • password
  • 管理者にだけ表示を許可する

trackbackURL:http://joyluck.blog134.fc2.com/tb.php/705-c2427c4e

プロフィール

tsurukame1122

Author:tsurukame1122
ウイスキーをメインに扱う人形町のバーです。常時250種類以上のウイスキーをご用意しております。テーブルチャージ・サービス料等一切いただいておりませんので、お飲み物1杯からでもお気軽にお立ち寄りください!

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR