FC2ブログ
Loading…

シェリー樽熟成の話

Posted by tsurukame1122 on 28.2020 いまさら聞けないウイスキーの話   0 comments   0 trackback
最近再放送している"JIN"ってドラマを見てるんですけど
現代の医師が江戸時代に行ってしまう話で
江戸時代でペニシリンって薬を作って病気を治してしまうんです。
そんなドラマを見てて、何百年も未来のお医者さんが現在に来て
コロナの特効薬でも作ってくれないかなーなんて思いながら
家でだらだらしています。

さてさて、「今更聞けないウイスキーの話」です。
今回はシェリー樽熟成についてです。

シェリー樽熟成ってよく聞きますよね。
シェリーとはよく聞くけど実はシェリーがなんなのかって意外と知らなかったりしますよね?
日本語では酒精強化ワインと呼ばれるもので、
その昔、今みたいにクール便とかがなかった時代、
遠方の輸送の際に酸化、腐敗防止を目的にワインにブランデーを加えて
アルコール度数を高めたワインの一種で、
スペインのシェリー以外にもポルトガルのポートワインだとか、マディラワインとかも同じ部類です。

シェリーにはティオペペなどで知られるフィノと呼ばれる
樽熟成をほとんど行わないものもあれば、
オロロソとかペドロヒメネスと呼ばれる
長期で樽熟成する種類のものもあります。
それら長期熟成シェリーの熟成樽はウナギのタレのように付け足しで使われるため
シェリーの空き樽はほとんど世には出ません。
そこで、シェリー樽熟成で有名なマッカランとか
グランファークラス、グレンドロナックなどは
安定的にシェリーの空き樽を供給してもらうため、
新樽自体はウイスキーメーカーが作り、シェリーボデガ
(ボデガとは、ウイスキーでいう蒸溜所のようなもの)
に預けて定期的に樽を返してもらう契約をして
シェリーの樽が安定的に手に入るようにしていたりします。

バーボン樽熟成に比べてシェリー樽熟成のウイスキーってなんとなく高いイメージありますが、
バーボンの空き樽に比べてシェリーの空き樽だと10倍ぐらい値段が高いそうです。
そんなことも値段に起因してるかもしれませんね。

ちなみに、前に話したバーボン樽も、ウイスキー蒸溜所がバーボン蒸溜所と提携したりしているそうです。
何年か前にサントリーさんがシムビーン社を買収しましたが、
そんな背景もあるのかもしれませんね。

日経新聞を読みこなすと記事の裏側が見えるようになってくるなんて
昔の上司に言われたことがありましたが
ウイスキー業界もあるのかもしれません。
ちなみに、私は裏側は全く見えておりません。
飲み手は飲み手でそんな裏側を気にしちゃいけません。
何も考えずにうまいものはうまいと楽しんで酔っ払いましょう!
ではまた!
シェリー樽

Facebookもやってます!「いいね!」よろしくお願いします!
BAR鶴亀Facebookページ
スポンサーサイト



  

プロフィール

tsurukame1122

Author:tsurukame1122
ウイスキーをメインに扱う人形町のバーです。常時250種類以上のウイスキーをご用意しております。テーブルチャージ・サービス料等一切いただいておりませんので、お飲み物1杯からでもお気軽にお立ち寄りください!

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR