Loading…

宮城峡サミットに参加してきました!その2

Posted by tsurukame1122 on 29.2017 研修   0 comments   0 trackback
初日は、皆さんと懇親会でご飯食べて酒飲んで・・・
そして2日目です!
2日目は、蒸溜所の製造工程の見学からマイウイスキーの樽詰めです。
天気も最高に出迎えてくれました。
宮城峡蒸溜所
宮城峡に来たら見逃せないのが仕込み水としても使われている新川(にっかわ)です。
新川
竹鶴政孝さんがこの水でウイスキーの水割りを作って
ニッカの第二工場はここにしようと決断した川です。
きれですね。工場内の水道水としても使われているようです。
そして工場内へ。見どころをかいつまんでご紹介します。
ウイスキーの原料は穀物と水です。
穀物に含まれるデンプンを糖化して水を加えて麦汁を作ります。
そしてこれに酵母を加えてアルコール発酵します。
そして、それを蒸留してアルコールを高めて、樽詰めして
何年後かに瓶詰めしてウイスキーとなります。
ここまで工程は当ブログでも何度も解説しているのでおさらい的に。
驚くべきは規模の大きさですね。
発酵槽はステンレス製で22機
発酵層
ハイランドパークは12機でしたからその規模の大きさがわかりますよね。
そしてポットスチル
初留4の再留4の全8機
ポットスチル
そして宮城峡蒸溜所の特徴の一つである連続式蒸留機
カフェスチル
連続式蒸留器模型
(*下の写真はビジターセンターに設置されている模型)
複雑な仕組みなので説明がむつかしいですが
上からもろみが落ちてきて、下から上がってくる高温の蒸気によって
もろみが気化する仕組みを何度も何度も繰り返す装置で
効率的に高純度のアルコールを作ります。
この設備から作られる原酒を使って、
スーパーニッカとか、カフェモルト、カフェグレーンなど
様々なブレンデッドウイスキーを作っています。
次に、その1でもお話ししましたが、樽の中の内面を焦がす工程があります。
チャー
今回はブルガリア産のヨーロピアンオークで作った新樽
今までは栃木の工場で製樽していましたが、増産で間に合わないため
海外から樽ごと輸入しているそうです。
そしてこれが焼きあがった樽の内面
チャー直後
思った以上に焼けてません?
この焼き具合が宮城峡のスタンダードらしいです。
焼けた部分が活性炭のように嫌な風味を吸い取る作用もあるみたいです。
そして出来上がったニューメイクを樽詰め
マイウイスキー
10年後宮城峡10年としてマイウイスキーとなります。
10年後BAR鶴亀で飲みましょう!
さて、走り書きでしたが今回の宮城峡サミットレポートでした。
蒸留所って何度行っても新しい発見があるんですよね。
「あ、それ知ってる。」
「それは理解している。」
と思ってしまうときもありますが、
知った気になったり、知ったかぶって
自分で限界を作るんじゃなくてウイスキーの奥深い世界を
飲んで飲んで・・・これからも勉強します!
これからもBAR鶴亀をよろしくお願いします!

Facebookもやってます!「いいね!」よろしくお願いします!
BAR鶴亀Facebookページ
  

プロフィール

tsurukame1122

Author:tsurukame1122
ウイスキーをメインに扱う人形町のバーです。常時250種類以上のウイスキーをご用意しております。テーブルチャージ・サービス料等一切いただいておりませんので、お飲み物1杯からでもお気軽にお立ち寄りください!

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR